不断水工法とは
2019年2月12日

暮らしや生活に影響を与えない不断水工事がおすすめ

水道管の工事というと、水を止めて行う大がかりな作業というイメージが強くあります。

断水すると飲食に影響が出るだけではなく、入浴やトイレなどの日常生活にも影響が出てくるので注意が必要です。これに加えて、水道管工事で断水するためには、古い水道管バルブを閉める必要が出てきます。この時、バルブについた赤サビが剥がれ、工事後の水の汚れにも繋がってくるのが暮らしの悩みです。暮らしや生活に支障をきたさずに水道管工事をおこなうには、不断水工事を利用するのがおすすめです。

不断水工事は、名前の通りに断水せずに作業する水道管工事のことで、通常の作業と比較すると工事期間がなったり、コストを抑えられるのがメリットです。さらに不断水工事を利用すれば水の流れを止める必要がないため、周辺住民への告知や給水車の手配なども省くことができます。不断水工事には分岐工法と凍結方法の二つの方法があります。分岐工法は割T字管・仕切弁・穿孔機を使用して、既存の水道管に穴をあけて作業をします。それに対して凍結方法は、液体窒素を利用して作業箇所の両端を凍らせて作業を進めるのが特徴です。

不断水工事は水を止めずに配管工事ができるので、周囲に断水の告知をする必要がありません。さらに工事にかかる費用をリーズナブルにできるというメリットがあるので、排水管作業が大掛かりになる商業施設や医療機関で利用されています。これに加えて、生活や暮らしに影響を与えずに作業できるので、一般家庭でも高く支持されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *