不断水工法とは
2019年2月18日

暮らしや生活に欠かせない水と不断水工事

普段の生活や暮らしには水は欠かせない存在となっています。

水は飲料にはもちろん、炊事や洗濯、入浴やトイレなど生活とは切っても切れないもので、それゆえに、使えなくなってしまうと暮らしには大きな影響が出てしまいます。水道の配管工事や災害時は一時的に断水となることもありますが、その間は水道から水が出なくなりますので、お風呂場やバケツに水をためておくなどの対策もしなくてはいけません。断水を経験したことのある人は暮らしで困ったことも多くあるのではないでしょうか。

断水が長引くと生活にも大きな影響が出てしまいますが、最近では不断水工事が行われることも増えています。断水になると一般家庭にも色々な影響がありますが、医療機関や飲食店、商業施設や工場で断水となってしまうと大きな損失になってしまいます。その点、不断水工事であれば、水を止めることなく工事を進めていくことができますので、暮らしにも事業の面でも断水による影響はありません。断水をしての工事では古いバルブを閉めて行う必要がありましたので赤錆も発生しやすく管の中を清掃する必要がありました。

その点、不断水工法ならバルブを閉める必要がないので清掃は不要となり、工事時間の短縮やコストカットにも役立ちます。断水の場合は早くから住民に告知しておく必要がありますが、水を止めなくて良いので地域住民に知らせる手間もありませんし給水車の手配の必要がないのも不断水工事のメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *