不断水工法とは
2019年2月21日

生活関連:暮らしを維持してくれている不断水工事

蛇口をひねると水が出るというのは今や当然のことでしょう。

とても便利な生活を送れるようになっているのも、上下水道が整備されているためで、上下水道の配管を整備してくれている施工業者のおかげだといえます。以前は、下水道配管工事を実施するために家庭で利用する水が断水するというケースは結構ありましたが、最近は不断水工事という手法を用いて断水することなく工事を進めることができるようになりました。工事があっても普段通りの暮らしができるのは、この不断水工事のおかげでしょう。

不断水工事とは、断水することなく元の配管から分岐するなどの工事を行なうことができる手法で、以前では考えらえない画期的な工事手法として今やメインのやり方です。バルブを元の配管に設置して短時間で分岐路を確保する手法と、穿孔機のドリルを使用して元の配管に穴を開ける工法の二通りが主な方法ですが、いずれも時間がかからず手間も少ないので費用面でもメリットがありますし、周辺で生活する住民にとっては工事をしていることすらわからないくらい影響が少ない方法として導入されています。

水道や電気などのインフラは、暮らしに欠かせないツールになっており、日々その工法などは進化し続けています。何かトラブルが起こった時にも即座に対応してくれる専門業者の努力の上に我々の暮らしや生活が成り立っていることを忘れてはいけません。感謝の気持ちを持って生活していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *