不断水工法とは
2019年3月9日

不断水工事はコインランドリーも安心です

断水をせずに水道工事を行うことを不断水工事などと言います。

水道管内には常に高い水圧で水が流れているわけですから、水道管を新しいものに変える時には、一定区間の断水が必要不可欠です。断水になると困るのがトイレの利用ができなくなる、ラーメン店や蕎麦店などの飲食店を経営している場合には、食器を洗うことができなくなる、調理もできなくなるなど、お店を休まなければならなくなるケースもゼロではありません。断水工事の場合は、工事完了後には水道の蛇口から水が流れて来ますが、水道管交換に伴い赤水が流れて来るので、暫くの時間は蛇口を開けたままにしておく必要もあります。

大きなお店などの場合は蛇口の数が多くなる関係からも、同時に流す水の量も多くなり、水道代が余計にかかってしまうわけです。不断水工事では通水状態で水道管を新しくすることができる、赤水の心配も要りません。コインランドリーを経営している場合も、断水で水が使えなくなればお客さんへの利用を停止するしかありませんし、工事が終わった後も、主脈となる蛇口を開けてきれいな状態になるまで水を流し続けておくなども必要です。

洗濯機の中に錆が混入した水が流れてしまえば、お客さんに技術迷惑をかけてしまう恐れも出て来るわけです。尚、不断水工事は技術を要する手法だと言われており、すべての水道工事業者ができるわけではありません。しかしながら全体的なコストを考えた場合、不断水工事は従来の断水工事よりも安くできるなどからも、徐々に広まりつつあると言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *