不断水工法とは
2019年3月12日

不断水工事は休業せずにお店を運営できます

断水工事は一般家庭だけでなく、工事が行われるエリアのあるお店への影響も与えてしまうことになります。

不断水工事は文字通り断水することなく工事ができる工法で、普段通りの生活ができるだけでなく、水道を使って何かを行う商売のお店への営業を可能にするなどのメリットを持ちます。断水になると困るお店と言うと飲食店や銭湯、豆腐店など色々な種類の業種があるかと思われますが、豆腐店の場合深夜に豆腐を作るので工事が日中に行われるのであれば特別問題はありません。

しかし、銭湯や飲食店は水道が使えない時間が長引けば長引くほど営業に大きな影響を与えてしまうことにもなりかねないわけです。ちなみに、最近は銭湯そのものが減少し続けているわけですが、都内には古くから営業を行っている銭湯も多くありますし、銭湯の隣には洗濯ができるコインランドリーが併設されているケースも多いと言えましょう。コインランドリーは水道が使えないのでは商売ができませんし、無人で運営を行っているコインランドリーなどの場合は、断水工事が行われる時には休業をせざるを得ないケースも出て来ます。

その点、不断水工事は常に水道を使える状態で水道管交換などの工事ができるわけですから、休業する必要もなければ断水のことを気にする必要もありません。さらに、公衆トイレなども断水するとなれば利用ができなくなるので、事前に公衆トイレの入り口などに断水のお知らせを掲示する作業も必要になりますが、不断水工事ならこうした手間も省けるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *