不断水工法とは
2019年3月24日

不断水工事は現代の水道工事に欠かせない技術

不断水工事を実施することで、様々なメリットを実現することが可能です。

工事費用の全体的な圧縮や工期の短縮など、直接的に大きく影響を受ける部分にアプローチするという観点で最適な工法で、実際の水道管工事の現場においても採用例が多く見られるようになっています。老朽化による水道管の破断や自然災害による破損等、事前に予期することが難しい状況では、断水が発生することに対しての水道利用者の一定の理解は得られるものと考えられます。しかし、工事の実施を計画した段階で断水が生じることは現代のように社会基盤が整備されつくされた現況では、受け入れられ難いと言わざるを得ません。

そこで重要なのが日常生活に混乱を与えることなく工事を完了できる不断水工事の実施です。最も重要なインフラストラクチャの一つである水道は、工事によって安易に止めるべきではないという観点で採用されています。工事語の水道管の清掃も不要であり、断水発生による事前の広報による周知や給水車を手配するという、工事費用とは別に生じるコストもカットできるというメリットもありますので、不断水工事は極めて重要な手段ということとなります。

水道工事業者は、より短期間で確実な工事を実施できるようにすること、コストを圧縮しながら省スペースでの不断水工事が実現できるようにすることなどを主眼において、開発や工事方法の改良を進めています。工事発注担当者は各社の不断水工事の実例を見極めながら、適切な工法を採用している施工業者に発注することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *