不断水工法とは
2019年4月6日

住宅地の生活や商業施設の営業を守る不断水工事

住宅の密集している地域や大規模な商業施設などの水道工事は、断水を生じさせると極めて大きな影響を与えてしまうために、工事施工者および施工責任者は適切な対策を講じなければなりません。

断水は水道管の水流をストップさせることで発生しますが、工事箇所の一部分のみの水流を遮断することで全体的な断水を行うことなく施工できます。その方法が不断水工事で、現在の水道管工事の主流となっています。住宅地の場合には、工事に伴う断水が発生すると様々な日常生活に支障をきたします。入浴や炊事、洗濯やトイレなど、断水が生じないことを前提として設備が整えられているために、日常生活の基本インフラである水道がストップすることは想定されていません。

そのため自然災害等の突発的な事象を除いては、断水の前に入念な周知を実施することと、断水による生活の混乱を可能な限り防ぐ手立てを考えることが重要です。給水車を手配したり広報活動などで住宅地の住民へ理解を得るなど、工事そのもの以外にも大きな費用が発生する可能性があります。

商業施設においても同様で、休業日数に応じた休業補償を行わなければならないため、現実的には断水を伴う工事は困難となります。適切に不断水工事を実施して、工期と工費を圧縮することがベストな方法です。多くの施工業者が不断水工事の方法を開発していますので、コスト面や施工場所に対応した工法を採用することがおすすめです。情報サイトを活用し、最も適した不断水工事を施工できるように業務を推進していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *