不断水工法とは
2019年4月9日

住宅での生活を便利にする不断水工事

ライフラインとは電気や水道、ガス、他のインフラなどのことを指します。

特に水道は生活に欠かせないものです。水道水が供給されなければ不便な住宅で生活することを強いられることになります。そのため、平常時には断水とは無縁の状態でなければいけません。しかし大地震などといった災害に遭遇すると、断水になる場合があります。水道管が水漏れを引き起こすと長期間に亘り断水する場合もあり非常に不便です。給水所が離れていたり、停電でマンションのエレベータが動かないと水を持ち帰るのも手間がかかります。

災害に遭遇しなくても断水になってしまう場合が考えられるのです。日本国内の水道管は設置してから長い年月が経過しているため耐久年数以上に使い続けているところも、たくさんあります。それをこれから交換していかなければならない状態なため、これからは断水する頻度が多くなるかも知れません。水道工事は水道管を取り替えるだけではなく、新しい住宅に水道を通す分岐工事や古くなったバルブを取り替える工事も施工されています。

このような工事は、不断水工事が採用されているのです。不断水工事というのは住宅の水道を断水しないで便利な生活を守る工事のことです。こういった不断水工事は近頃になってから行われていた訳ではなく1959年から行なわれて始めたものですが住宅を断水することなく水がいつでも使用することが出来る生活を送りながら工事が施工することが出来ることから非常に優れている方法であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *