不断水工法とは
2019年4月18日

住宅の不断水工事で快適生活が送れます

以前は、水道工事の際には断水をして行うことが一般的でした。

しかし断水をすることで、住宅等に住む人達の生活に支障が生じます。また断水をする場合には、水道工事の日時について告知することが必要になり、時間内に終わらない場合には給水車を準備するなど、多くの手間がかかっていました。不断水工事は、こういった煩わしさがなくなり、断水の告知をすることなく作業が出来るメリットがあります。不断水工事には、凍結工法と不断分岐工法という2種類の工法があります。凍結工法は、液体窒素を使い水道管を交換する箇所を凍結させて水道工事を行います。

不断分岐工法は既設の管に、分岐用管を取り付けて行う水道工事です。どちらの不断水工事も工期が短くて済み、コストを削減することが出来る良さもあります。現在では多くの水道工事専門会社で不断水工事をとりいれていますので、住宅等での生活に支障の出ない工事となっています。この工事が出来る専門会社は多く存在しますが、多くの実績と経験のあるところに依頼をすることが必要なこととなります。

大切な住宅等に支障が出ないような水道工事を責任をもって請け負ってくれるところを探し、水道工事の内容と工法の説明をきちんと聞き、理解をしたうえで依頼をするようにします。不断水工事についても、どういった工事なのかを専門会社の専門スタッフの説明を聞き、わからないことは質問をし、誠意をもって対応をしてくれるところとコンタクトをとると、生活をしていくうえで安心出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *